<< 鯉釣りしたい | main | 久々の鯉 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    今までで一番大きなギギ
    0
      僕は週1で自転車で10km以上動きまわるようにしています。
      なぜかと言うと春休みの自転車旅に向けての練習です。
      練習だからって辛いものにしたくないから僕は絶対釣具を持っていきます。
      そうすることで遠出の練習が釣りのポイント探しへと変わるからです。
      そして昨日もポイント探しに出かけました。
      最初の目的地はGoogleマップで見つけたいい場所にある池です。
      30分ほどかけて登り坂を駆け上がり目的地の池に着きました!
      しかしあまりにもひと気がなくなんかだんだん怖くなってきたので糸もたらさず今までで上がってきた坂を一気に下りました。
      次に向かったのはさっき行った池から3kmほどのところでした。
      そこも池です。
      その池では釣りをしたけどあたりすらなかったです。
      そこの池は諦め次はそこから1kmほどの川へ行きました。
      上流の方だったからかなり細くなっていて浅かったので釣りはしませんでした。
      疲れが出てきたのでこの川に沿って帰ろうと思い出来るだけ川から離れないようにしながら行きました。
      そして今日一番のポイントを発見!

      川の本流へと流れ込んでる水がとっても濁っていました!
      これはナマズくるかも!と思いながら自転車をとめて竿をセットしました。
      まずはルアーの水面狙い
      この作戦は失敗におわりました...
      まだ諦めません!
      次は中層狙い
      スピナーやスプーンなどキラキラ光るもので誘ったけど反応なし...
      最終手段のエサ釣りに変更!
      エサはミミズ
      大きめの玉ウキをつける
      ぶっこみ釣りは根掛かりが多いからだ
      川の流れをよむ
      流れと流れがぶつかり木屑などのゴミが集まっているところを狙う。

      キャストーーー!
      ウキが浮く。
      キャストしてから約5秒!
      ついにウキが動き出した!
      ゆっくりとウキが水中へ消えていく
      すかさず竿を立てる
      ヒットー!
      針は鮒針3号これは小物狙いによく使うサイズだ。
      だから糸も結構細い。
      慎重に慎重に
      陸地まであと1m
      オラッオラッ
      暴れるなよ
      キターーーー!
      ん?ナマズ?
      なんか違う
      おっ?
      ギギじゃないの?
      ギギだ!

      ヒゲがいっぱいあるやっぱりギギだ!

      かわいいなー
      ギギが僕のてから逃れようと首を振る
      いてぇ!
      くそっ胸ビレにやられたー
      写真だから分かりにくいけど腫れてきた..
      そしてギギをリリース。
      その後も連続でギギがヒット!
      なんだここは
      ギギの宝庫か!
      けど他のは一切釣れない。
      いいのかよくわからない笑
      まぁ今年の釣魚2種類目がギギでよかった。
      今日の最大サイズは33.5cmでした。最小は15cmぐらいだったかな?
      とにかくちょー楽しかった!



      おわり

      カテゴリ:釣り | 08:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 08:45 | - | - | - | - |
        コメント
        プチさんへ
        ギギって結構珍しいみたいですね。
        そうナマズの仲間です!
        はーい気をつけて遊びまーす!
        | taro | 2015/03/06 7:58 PM |
        おー釣ってるね〜。
        ギギって初めて聞きました。
        ナマズみたいだね〜。

        胸びれで怪我するんだ。
        私の先輩で自分の針で自分の手を釣った人いたわ(笑)
        気をつけて遊んでね〜。
        | プチ | 2015/03/04 10:35 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://thetaro.jugem.jp/trackback/187
        トラックバック